「働き方」を考える。転職も考慮に入れて、キャリア、副業、自分と向き合うタイミング。

こんにちは。行動するブログ!(@forAction_blog)です。

またタイミングがやってきました。

「働き方」を考えるタイミングです。

今までも数年おきに考えるタイミングがやってきて、僕の場合は数年に一度の周期があります。

なんとなくの、このもやもやを文章にして整理してみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




このもやもやを紐解いてみる

もやもやしているのは、単純に今後のキャリアを考えているためです。

ちょうど良い機会として、最近よく話題になる「働き方」について考えてます。

たとえば転職するにしても、優先するものは何だろうか?と。

今後のキャリア
ワークライフバランス
やっぱり収入
それとも在宅で可能な仕事?

などなど。

選択肢を広く!

何かを決断するときに重要なのが、選択肢を広げることです。

これは『決定力! 正解を導く4つのプロセス』から学びました。

意思決定の誤りを避けるための4つのプロセスが、「WRAP」です。

(W)選択肢を広げる(Widen Your Options)
(R)仮説の現実性を確かめる(Reality-Test Your Assumptions)
(A)決断の前に距離を置く(Attain Distance Before Deciding)
(P)誤りに備える(Prepare To Be Wrong)

この本は神田昌典さんの「ビジネス洋書トライアスロン」と、勝間和代さんの勝間塾(サポートメール)でも取り上げられていた良書です。

ちょうど読み直す良い機会になりました。

行動は早めに、しかし冷静に

まずは情報収集を始めてみようかと思います。

転職エージェントはたくさんありますが、いろいろと登録しておいて、選択肢を広げておこうと思います。

自戒になってしまいますが、エージェントの登録や職務経歴書の更新などは本当に早めに、時間のあるときにやっておいた方が良いですね。。。

仕事や、プライベートが忙しくなってから後手後手に転職活動をすると、余裕がなくて選択肢が減る要因になってしまいます。

大手の転職エージェントには登録して、職務経歴書を更新しておくことにします。

転職エージェントなど、いろいろなサービスを活用してみる

転職エージェント一つをとっても、いろいろなサービスがあります。

まずは大手のリクルートのリクルートエージェント

とにかく求人数が最多なので、まずはここに登録しておくことにしました。

次は僕が前回利用しているインテリジェンス(社名が変更していてパーソルキャリアになっていました)が運営しているDODA

IT業界に特化した転職サービスのGeekly

以前の職場の先輩が使用して転職したと聞いた、Green

職務経歴を登録すると、現在の自分の市場価値が無料でわかるMIIDAS(ミーダス) というユニークなサービスもあります。

これも面白いのでやってみました。

正直ちょっと盛ってる(年収高めで表示される)感はありますが、転職活動する気になりますね(良い客)。

転職情報サイトでも、やはり一番求人数が多いのはリクナビNEXT

こちらも登録しておきました。

あとは技術を学習しながら転職・就職活動も同時にできるpaizaというサービスも面白いです。

これはゲーム感覚で問題を解くと、レベルに応じてスカウトされたりすることがあるみたいです。

僕はまだ全然進めておらず、 これも進めていきたいです。

資格取得のついでに、モチベーションになりそう。

まとめ

転職を少し考えただけで、現代は本当にいろいろな選択肢があることに気づかされます。

さらに普段からアンテナを張っていないと、全然いろいろとキャッチアップできていないことも。

どの業界も変わらないのかもしれませんが、IT業界は進歩が早く、どんどん新しい技術を学んでいかないと転職もままならなくなってしまいますね。

書けば実現する、の精神で転職するにしても、成功させるぞ!

Enjoy!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でforAction_blogをフォローしよう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする