Apple Trade-in iPhone下取りの罠。集荷が来ない場合の対処法

スポンサーリンク
Apple
Pocket

こんにちは。本日もブログを読んでいただきありがとうございます。

行動するブログ!こうぶろ!(@forAction_blog)です。

 

 

以前のブログで書いた通り、iPhone 12 Pro Maxを購入して便利に使用しています。

iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 mini、予約開始!今予約するといつ手に入る?いつ届く?
こんにちは。本日もブログを読んでいただきありがとうございます。 行動するブログ!こうぶろ!(@forAction_blog)です。 iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 miniの予約が11月6...

 

以前使用していたiPhone 11 Pro Maxは公式の下取りプログラム(Apple Trade-in)で最大66,000円で下取りしてもらえる為、申し込みをしていました。

 

しかし手続きで罠にハマり、現状うまく下取りしてもらえていません。

 

調べているとハマっている人が多くいるようなので、僕の場合の事例をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

新しいiPhoneの購入から2週間以内に、古いiPhoneの集荷が成立しないと下取りがキャンセルされる

今回の一番のミスとしては、すぐに古いiPhoneの集荷依頼をしなかったことです。

 

Apple Trade-in 下取りを申し込むと、このようなメールが届きます。

 

メールの案内に従って進めるのですが、集荷するタイミングでは古いiPhoneは情報を削除し、初期化しておかなくてはいけない為、僕は購入後1週間後の週末に集荷の申し込みをしました。

 

その後に集荷予定日は購入から2週間以上過ぎた週末になっていた為、その前に期限の2週間が過ぎてしまったということです。

 

今回の時系列

11/12  下取りプロセスが開始
11/14  iPhone 12 Pro Max受け取り
11/23  集荷日を11/29に設定し、集荷依頼
11/27  2週間が過ぎ、下取りキャンセルのメールを受信
11/29  集荷が来ないのでAppleに電話で確認したところ、キャンセルになっているという説明

 

 

 

今回の下取りキャンセルの原因

集荷依頼の際に、本人確認書類が2つ必要です。

 

僕は一つは運転免許証、もう一つは保険証にしました。

 

この保険証が問題で、保険証では被保険者記号・番号、医療保険の保険者番号とQRコード(記載されている場合)は伏せてアップロードする必要があります。

 

僕は「被保険者記号」、「被保険者番号」は伏せていたのですが、「保険者番号」を記載したまま保険証をアップロードしていました。(QRコードは保険証に記載されていない)

 

これで本人確認が完了していなかったらしく、そのまま期限の2週間を迎えて下取りがキャンセルされていたということのようです。

 

こうぶろ
こうぶろ

しかし未完了だったことに関して何も連絡もなかったですし、優しくない・・・・

 

 

 

今後取れる対策3つ

今日Appleに電話確認したところ、今後取れる方法としては以下の方法があります。

 

Apple Storeでの下取り(来店)

BrightstarでのApple TradeInプログラムでの下取り

・購入したiPhoneの返品 → 再度iPhoneを購入して再度下取りプログラムを実施する

 

 

Apple Storeでの下取り(来店)

一つ目の「Apple Storeでの下取り(来店)」は以下から申し込みができます。

お近くのApple Storeを探す - Apple Store
Mac、iPhone、iPad、Apple Watchなどの購入に最適な、お近くのApple Storeを見つけることができます。Today at Appleのプログラムや、Genius Barでのサポートに関してもこちらからどうぞ。

 

画面上部のボックスから「中央区、銀座」などを選んだあと、開いた画面から「ショッピングセッションを予約>」をクリック。

 

さらに開いた画面で、「はじめに、最も興味のある製品を選択してください。」というところにて、「iPhone」を選択し、下部のストアを選択して日程を予約して来店すると、対応してもらえるそうです。

 

注意点としては、返金はAppleで使用できるギフト券になるということです。

 

 

BrightstarでのApple TradeInプログラムでの下取り

二つ目は、Appleの正規代理店?のBrightstarでのApple TradeInプログラムでの下取りを実施してもらう方法です。

 

下の直接のリンクからも申し込みができます。

Brightstar Apple TradeIn Portal | Home
Home, Product Search Result iPhone, Product Search Result Non-iOS, User ChangeSecurityQuestion Edit, Welcome, User SecurityQuestion Edit, UserChangePasswordConf...

 

一応、正規のルートを記載しておくと、下記のAppleのサイトより行けます。

Apple Trade In
Apple Trade Inを利用して使い終わったデバイスを下取りに出すと、新しいApple製デバイスの購入価格が割引になります。または、無料でリサイクルすることもできます。あなたにも地球にも良いニュースです。

 

ここで画面中部あたりの、「オンラインでの下取りはこちらから。」からiPhoneやその他の製品のリンクで申し込みが可能です。

 

ひとまず僕はこれで申し込みをしておきました。現在集荷待ちという状況です。

 

これも注意点としては、返金はAppleで使用できるギフト券になるということです。

 

 

 

購入したiPhoneの返品 → 再度iPhoneを購入して再度下取りプログラムを実施する

最後に、調べていて気がついたのが新しいiPhoneを返品する方法。

 

手間はかかりますが、ギフト券でなく、下取り額を現金(クレジットカードで買った場合はカードに返金)で受け取りたい場合は、返品後に再度新しいiPhoneを購入し、その際にもう一度下取りプログラムを申し込むという方法があります。

 

確かにこれならば行けそうですが、これから返品に1週間程度、新しいiPhone 12 Pro Maxを再度購入するのに2週間程度という納期がかかりそうで、これを待てるかというところですね。

 

今回思ったのは、返品してそのまま新しいiPhoneを買わない(以前のiPhone 11 Pro Maxを使う)ということを考えてしまいました。

 

iPhone 12 Pro Maxに不満があるわけではないのですが、それよりも魅力的なApple Watchや新しいM1チップのMacbook Airを買ったほうが生活の変化があるような気がしてしまっています。

 

さすがに返品という手段は、コールセンターでは教えてくれなかったですね・・・。

 

さて、返品するにも古いiPhoneを設定し直さないといけないですし、もう少し考えてみます。

 

 

iPhone 12 Pro Max オススメの画面保護シール

 

恐ろしく安くて愕然としました。今までAppleで5,000円以上していたものを何回か買っていたのはなんだったんでしょう・・・・

 

 

 

 

 

 

Enjoy!!

Pocket

タイトルとURLをコピーしました