【フジロック】夏フェス必須アイテムまとめ。初心者こそ準備を万全に!

こんにちは。行動するブログ!(@forAction_blog)です。

今年もフジロックフェスティバルが始まります。

今回、個人的には11回目の参加です。

友人と話していても、何回も行っていても荷造りに時間がかかったり、忘れ物をしがちとのこと。

ちょうどいいと思ったので、準備をしつつまとめてみました!

誰かの役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




とにかく体調管理を最優先に!

基本的にフジロックは雨が降ります。

降らないこともあるのですが、降ると思って行った方が絶対にいいです。

また非常に暑く、直射日光を浴び続けるので、暑さと雨(それなりの涼しさも)の両方の対策が必要になります。

気温は最高35度、最低20度ぐらいだと思います。

そういった山の天気など、場所の特性から必須なものを考えていきます。

誰でも必要なもの。重要度の高い順から。

チケット(リストバンド)

一番大事です。

現地で友人に渡してもらう、現地で購入予定などの方以外はみなさん必要になるはずです。

最近はリストバンドの状態で発送してくれるようになって、会場でリストバンド交換が不要になりました。便利です。

レインウェア

僕はモンベルのバイク用レインウェアを今年は使ってみようと思います。

よく見るブランドとしてはモンベル、ノースフェイス、コロンビアあたりでしょうか。
ポンチョでも大丈夫ですが、慣れていない方には上下セットのものをおすすめします。

また、とても強い雨が降る時があるので、レインウェアの上にコンビニに売っているビニールのカッパを着ると最強です。

セブンイレブンのやつが間違いないです。

帽子

日差しの防止、雨対策としても必須です。

このKAVUのチルバハットはかなり目立つのですが、日よけとしても雨よけとしてもとても実用的です。

レインウェアのフードをかぶってもいいのですが、フードをかぶると音楽があまりよく聞こえなくなってしまいます。。。

長靴、ゴアテックス系シューズ、サンダル

僕はキャンプで4泊なので3足持っていきますが、ゴアテックス系シューズかサンダルどちらかを持っていかなくてもいいかもしれません。

長靴

長靴はフェス界隈では有名な野鳥の会のもの。

とてもコンパクトに収納できるのが良いですが、底が薄いため長く歩いていると疲れやすいです。

インソール(中敷き)を別途入れることを強くおすすめします。

ゴアテックス系シューズ

これはSIRIOの登山系シューズですが、メレルやKEENのものが人気です。
ゴアテックスでなくても、それに準ずるような撥水性の高いものが良いです。

サンダル

場内ではもちろん、キャンプサイトではサンダルがとても楽です。

KEENやクロックスなど、靴下も履けるものが良いです。

厚めの靴下を履いてサンダルを履けば、夜に冷えてきても快適に過ごせることが多いです(雨はダメ)。

アウトドアチェアー

軽量なものはかなり高いのですが、あると本当に便利です。

数年前からヘリノックスのイスがとても流行っています。

日焼け止め

必須です。お酒を飲んでイスに座っていて寝てしまった。。。

などとすると大惨事になることがあります(体験談)。

タオル、手ぬぐい

汗を拭く用途でも、確実に必須です。

登山アイテムで有名な手ぬぐいは、薄くて早く乾くため便利です。

日数分のTシャツ、下着、靴下

もちろん必要です。

モバイルバッテリー

日数が多めのフェスでは大抵必要になると思います。

友人との連絡手段としてはもちろん、時計がわりや写真撮影にSNS投稿など、なんだかんだ電池はすぐなくなります。

ホテルや民宿などに宿泊するのであれば、毎日充電器も充電できるかもしれません。

ヘッドライト

夜は会場内もかなり暗いところがあるので、あると便利です。

キャンプする方は、キャンプサイト(特にテントの中)では必需品です。

アメニティ関係(必要な方)

歯磨き、洗顔ペーパー・ボディペーパー、洗顔料・シャンプー、コンタクトレンズなどなど。

女性は化粧品なども持って行くかと思います。

あると便利なもの

ナルゲンボトル

フジロックの場内へ缶やビンは持ち込めませんが、マイボトルは大丈夫です。
また場内にお茶を給水できるポイントがあるので、そこで給水することもできます。

クージー

缶でも場内で購入するプラカップ(紙カップ)のビール、ソフトドリンクがすっぽり入るクージー。

手で直接プラカップに触れないので、ビールなどがぬるくなりにくくなります。
まさに便利アイテム!

折りたたみ傘

会場内では傘は使えませんが、場外では傘は使えますので、特にキャンプする方、車・バスなどの移動手段までの徒歩区間であると便利です。

キャンプ、宿泊する方へ。

テント

僕はモンベルのソロテントですが、もう少し大きいものでもコンパクトなものもあります。
ある程度高いものはそれだけの価値があるので、いろいろと探してみるのも楽しいと思います。

寝袋(シュラフ)

これはアウトドア用品店WILD-1(ワイルドワン)のものです。

(オンラインでは商品がありませんでした。)

モンベルのコンパクトなシュラフが欲しい。。。

バックパック(ザック)、ザックカバー

車で行くのでなければ必須だと思います。容量は50L以上あると余裕があって良いと思います。

ザックカバーは必須ではないです。バイクで行く方は必須です。

バスタオル

お風呂やシャワーに行く際や、温泉に寄って帰る(途中に行く)場合はもちろん、大雨に降られた時、テントの中で敷いたりなど、あると確実に便利です。

これは去年のフジロックのタオルでした。

シングルバーナー、調理道具

フジロックは基本的に自炊ができないので、持って行く必要はないです。

自炊可能なその他のキャンプインフェスでは、とても活躍します。

とにかく体調管理が一番!無理をしないこと!

慣れない頃は暑さ・寒さ対策や雨対策、予想以上の会場の広さなどでいろいろと予想外のことが起こると思います。

でも一番重要なのはとにかく楽しむこと!

と言いたいところなのですが、ある程度準備をしないと楽しめないのも事実です。

本当に初めての方は、基本的な雨具や長靴などを持って行ってみて、徐々に装備が増えて行くと思います。

その買い揃えて行く過程も楽しんでいけたら最高です。

それでは今年も楽しい夏フェスライフを!

Enjoy!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でforAction_blogをフォローしよう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする