Android の Talkback 読み上げがショートカットで簡単に起動と停止!スキマ時間のKindleがさらに捗る

スポンサーリンク
TalkBack_on_shortcuts読書

---TOEIC 800点未満の方へ---

 

TOEIC 800点まではスタディサプリパーソナルコーチプランが最短経路です!

TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

 

僕はこれで695点から845点まで半年で到達したので、本気の方にはぜひオススメします。


 

こんにちは。本日もブログを読んでいただきありがとうございます。

行動するブログ!こうぶろ!(@forAction_blog)です。

 

 

先日、Android スマートフォンの読み上げ機能が素晴らしい!という記事を書きました。

AndroidのKindle読み上げで読書が捗る!解除、停止方法も
AndroidのTalkBack 読み上げ機能がiPhoneと比較して断然良いです!Kindleにて読書(耳読)をよくする方は、この機能のためにiPhoneから乗り換えるべき!移動中、スキマ時間の読書が捗る!Android,TalkBack,読み上げ,kindle,耳読,読書ハック,ライフハック,解除,停止

 

前回の記事では、いまいち便利な使い方を書けていませんでした。

 

読み上げ、TalkBack の開始と終了はショートカットで行うことができ、これができればスキマ時間のKindle読み上げがさらに捗ります。

 

読書量を増やしたい方はぜひ試してみてください。

 

では今日もいってみましょう。

 

 

スポンサーリンク

Android の Talkback ショートカットの使い方

早速ですが、前回と同様、設定を実施する必要があります。

 

歯車アイコンの「設定」アプリをタップして起動。

android_top

 

ちょっと下部にスライドして、「ユーザー補助」をタップ。

 

「TalkBack」をタップ。

 

少し下にある、「TalkBackショートカット」をタップしてONにします。

config_shortcuts

 

 

これで音量を上げるボタンと下げるボタンを同時に長押しすると、TalkBackが開始されます。

 

ショートカットを実行すると、以下のようになります。

TalkBack_on_shortcuts

 

これで前回のように、Kindleを起動して読み上げ開始すればOKです!

 

こうぶろ
こうぶろ

これは楽や〜

 

停止、終了するときも同じように、音量を上げるボタンと下げるボタンを同時に長押しすると、TalkBackが停止されます。

TalkBack_off

 

Kindleを読み上げている途中に、ショートカットで停止すればOKです!

 

 

こうぶろ
こうぶろ

もうTalkBackでスマホがしゃべり続けてても怖くないわ〜

 

 

まとめ 読書量は成功のカギ!

僕が好きで常に著書を購入している、勝間和代さんの最新の著書でも読書は最大のコスパと書かれています。

 

 

紙の本の読書も良いのでよく買いますが、Kindle 読み上げの効率は本当にハンパないです。

 

前回も書いたように、読書好きな方は、このためにiPhoneからAndroidに替える価値があるほどです。

AndroidのKindle読み上げで読書が捗る!解除、停止方法も
AndroidのTalkBack 読み上げ機能がiPhoneと比較して断然良いです!Kindleにて読書(耳読)をよくする方は、この機能のためにiPhoneから乗り換えるべき!移動中、スキマ時間の読書が捗る!Android,TalkBack,読み上げ,kindle,耳読,読書ハック,ライフハック,解除,停止

 

 

 

こうぶろ
こうぶろ

Kindle読み上げをショートカットで起動して、人生もショートカットやで〜

 

最近、再度勉強中の暗号通貨、ビットコイン関連の本で、アマゾンプライムで無料の本と、Kindle Unlimitedになっていた本のリンクを貼っておきます。

 

アマゾンプライムKindle Unlimited を登録していない方は無料体験をぜひオススメします!

 

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら。

Kindle Unlimited「30日間の無料体験」はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

こうぶろ
こうぶろ

Kindle読み上げで、移動、時間、家事の時間が常にインプットの時間になりますね!

 

 

 

 

 

 

Enjoy!!

タイトルとURLをコピーしました