「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました」Googleからのメールが来たら【結論、Googleに連絡して何もしない】

スポンサーリンク
ブログ
Pocket

こんにちは。本日もブログを読んでいただきありがとうございます。

行動するブログ!こうぶろ!(@forAction_blog)です。

 

 

 

ブロガーにとってGoogleアドセンスからの収入は大きなモチベーションですよね。

 

僕もアドセンス審査合格から、日々数円でもアドセンスの数字をモチベーションにブログを書いていました。

 

ところが数日前、急に不審なメールがGoogleから届きました。

 

何やら良くない報告のメールのようです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました」というメールが来たら

結論、Googleに連絡する必要があります。

 

連絡しなくても大丈夫かもしれませんが、状況が復旧する(広告が再開される)までに時間がかかるかもしれません。

 

このメールの中には以下のような怖い内容が・・・・

 

「通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。」

 

正直、数日でもモチベーション激減だったので30日とか考えるだけでもしんどいです。

 

 

 

実際の対応手順

現在設定しているアドセンスの設定(広告コード貼り付け)は消さないこと!

まず僕がした間違いです。

 

ちょっと調べると、今回の広告制限は故意のクリックなどで起きるということがわかりました。

 

まずはこの状況を悪化させたくない・・・という心理が働き、それなりの数を設定していた広告をまずは消していきました。

 

このあとにわかることですが、Googleに報告する際に広告設定は残したまま報告をする必要があるようです。

 

 

 

Googleアナリティクスから原因を探る!

対応方法を検索していて、非常に参考にさせていただいたブログ記事が以下です。

 

「無効なトラフィックの問題」Google AdSense広告数を制限された時の対処法
Google AdSenseから「無効なトラフィックの問題」で「お客様のアカウントでの広告配信を制限しました」というメールを受け取った時の対処法は、ヘルプの「連絡フォーム」からのレポート提出です。私の場合は復活まで約3週間かかりました。

 

この記事を見ていただければ対応可能ですが、まずはGoogleアナリティクスから広告制限がかかった原因を分析します。

 

僕の場合は広告の停止メールが11/9に届いていたので、その日以前の広告アクセスを確認していきます。

 

Googleアナリティクスのトップ画面から → ユーザー → 地域 → 地域

 

日付を該当の日付に設定して、「AdSense」をクリック。

 

さらに画面下部の「市町区村」をクリックすると、どの地域からのアクセスがあったかが確認できます。

 

グレーアウトさせている部分に、「tokyo」「osaka」など場所が表示されています。

 

この1位が僕のアクセスで、ページをたくさん更新していた為に表示回数が普段ありえないほどの数になり、かつクリックはしていないはずなのですが9回クリックしたとカウントされています。

 

ここが原因ということで、このスクリーンショットを撮っておき、後ほどのGoogleへの報告で使用します。

※Macではスクリーンショットは「shift」+「command」+「4」で撮れます。

 

ここで撮ったスクリーンショットを証拠に、この後Googleに報告します。

 

もう少しです、頑張りましょう!

 

 

 

アナリティクスで確認した内容をGoogleに報告する!

Google AdSenseの公式ヘルプページから、「無効なクリックの連絡フォーム」を開きます。

 

Google AdSense
Google AdSense では、オンライン コンテンツから収益を得ることができます。

 

ここでAdSenseに設定されている内容を記載して、Googleに報告します。

 

すこし面倒なのは、先ほど撮ったスクリーンショットを直接添付できないので、Googleドライブなどの共有フォルダを作成し、そのフォルダのリンクURLを報告することになります。

 

 

 

 

報告したらあとは何もせずひたすら待つ!お疲れ様でした!

 

 

 

 

今回の時系列まとめと今後の対応策

今回のアドセンス停止が起きた状況を整理しておきます。

 

広告の停止メール受信:11/9 17:27

広告再開:11/15 16:19

 

 

僕の場合、今回の事象では前日にブログの過去記事をかなりの数、更新していました。

 

理由はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)がうまく機能していなかったようで、リンクをたくさん消していたのですが・・・・それはまた別のブログで書こうと思います。

 

ページの更新をしていただけで、アドセンス広告をクリックするようなことは1回もしていないはずなのですが・・・・なぜかクリックしたと判定されてしまったようです(前述)。

 

そして今回の場合、一週間足らずで復旧しました。

 

参考までに書いておくと、広告が停止された11/9までの1週間は1日100円強ぐらいのアドセンス収益がありました。

 

今後の対応策として、無効なクリックをさせない為のプラグインをインストールしました。

 

「AdSense Invalid Click Protector」です。

 

これで今後はアドセンスが止まらないようになってほしいです。

 

 

 

 

 

しかしこのあと、再度停止のメールを受信しました。。。

広告の停止メール受信(二度目):11/23 13:28

 

その後たまたま確認していた際に、一部広告が復活していました。

広告再開(一部):11/24 20:47

 

この時はPC版のみ?MacのGoogle chromeと、iPhoneのSafariで広告が表示されていることを確認できました。

 

しかしiPhoneのedge、Google chromeでは広告は表示されていませんでした。

 

 

 

 

 

そしてこの後、再び確認したらMacでもiPhoneでも広告が表示されていません・・・・

(11/24 22:17)

 

何回かMacとiPhoneで自分のブログを確認したのがいけなかったのか・・・・・

 

記事を書きつつ、気長に待つしかなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Enjoy!!

 

 

 

 

Pocket

30代ITエンジニア。情シス、ITサポート、インフラなど。ライフハッカー。音楽的にはAirJam世代。
自分にとって役に立った考え方や行動の助けになることを発信しています。
好きなこと:テクノロジー / ライフハック / TED / 音楽 / 人と話すこと

行動するブログ!こうぶろ!をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ
スポンサーリンク
行動するブログ!こうぶろ!をフォローする
行動するブログ!こうぶろ!
タイトルとURLをコピーしました