ブログの効果的な書き方のコツ。キーワードを意識して書こう!

こんにちは。行動するブログ!(@forAction_blog)です。

ブログを書いているけどアクセスが伸びない・・・・

ブログを続けるモチベーションが下がってきた・・・・

なんてことにならないために、読まれる記事を書いてたくさんの人に読んでもらいましょう!

そしてブログを続けるモチベーションになれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




キーワードを意識して読まれる記事を書く!

昨日、某アフィリエイト講座を受けてきました。

そこで教えてもらったのが、キーワードを意識して書く!ということ。

ブログが続かないのは、モチベーションが湧かないから。

モチベーションが湧かないのは、成果が見えづらいから。

読んでくれた読者の役に立てれば、自然とアクセスは増えると思いますが、なかなかアクセスが増えない。。。

ブログの書き方の本を読んだり、ネットの記事を読んだりしてもなかなか実際にできていないものですね。

行動に移すためには、やはり人の話を聞くのは大事だと再認識しました。

読まれる記事はどうやって書く?

キーワードを意識するのはわかったけど、どうやってキーワードを調べるか?

「goodkeyword」というwebサービスか、googleの検索画面のページ下部で調べることができます。

ここで「ブログ 書き方 キーワード」などと調べるわけです。

googleの検索画面画像にはページの下の方にこんな感じに出てますよね?

ここに関連キーワードが出てくるわけですね!

Macではスクリーンショット(画面キャプチャ)は

“「command」+「shift』+「4」キー”

で撮れます!

引用:Macでスクリーンショットを撮るための2通りのやり方

・何でも写真を撮っておく

ブログを書くネタに困ったとき、何でも写真に撮っておくという方法も教えてもらえました。

確かに!とこれには納得。

写真を撮っておくとそれを見返すだけでどこで何をしていたかが思い出せます。

・感度を上げれば、生活のあらゆることがネタになる

これもいいアイディアです。

例えば食べた昼ごはんでも、その関連駅のおすすめランチベスト3!などで記事にすることができます。

ラーメン、カレーなど対象を絞り、ランキング形式などにするとブログっぽくなりますね(笑)。

例:〇〇駅で絶対オススメのラーメンランキング10位!

・書かないことにはどういう内容が受けるのかはわからない

ブログ初心者のうちから好きなテーマ一つに絞って専門ブログを目指すのはなかなか難しいでしょう。

なぜなら、書くことに慣れていない状態ではどうしてもネタが尽きてしまったり、他人に見られたり成果が出てこないとやはりモチベーションが続きにくいからです。

いろいろな記事を書いていくことでどのような記事が読まれるのかが体感として理解できていき、それから専門ブログを作っても遅くはないと教えてもらえました。

よく思うこととして、自分には当たり前のことが、他の人には当たり前じゃないことはたくさんあります。

当然逆もしかり。

他の方には当たり前のことが僕には当たり前でなく、新しいことを知る毎日です。

誰かが既に書いていることでも、別の人に同じ言い方や違う言い方で言われることでわかることもあります。

それが行動につながることもあるので、とにかく書くこと!続けること!ということを再確認できました。

・何かを得るために、何かをやめる必要がある

今やる必要がないタスクは、どんどん削っていきましょう!これも断捨離です。

他にやるタスクを考えること、これに思った以上に時間を取られてしまうものです。

やめられなければ減らす方法もあります。

確実に必要なのは時間の確保。

自分の中の優先度を高めて時間を確保・投入しないと続けられるはずもありません。

まとめ

僕なりの現状の結論は、1.ブログの更新頻度、2.ブログの量、3.ブログの質という優先順位を意識する!ということです。

質や量にこだわりすぎて投稿しないのは本末転倒。

どんどん書いてどんどん楽しく、読んでくれた方が豊かになれるエントリを書いていきたいものです。

Enjoy!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でforAction_blogをフォローしよう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする